バイオディーゼル(BDF)なら安心と安全のバイオマス・ジャパン株式会社

BiomassJapan

バイオディーゼル燃料(BDF)

バイオディーゼル用ドライプロセス(乾式)ユニット

バイオディーゼル燃料(BDF) ドライプロセス(乾式)ユニット

バイオディーゼル燃料(BDF)の精製方法のひとつである湿式法(水洗い)における一番の問題点は、BDFの排水をそのまま公用下水に放流、もしくは中和程度で下水放流している業者が多く見受けられる点にあります。(BOD、CODが排水基準内なら問題ありません。)
BDFの排水はBODが80,000~130,000mg/Lと非常に高いアルカリ廃液です。
※魚が棲めるのはBOD5mg以下です。

バイオディーゼル先進国ドイツ・米国の精製方法は今ドライプロセスです!

MAXドライユニットはこんな方におすすめ

既存の湿式バイオディーゼル製造装置につなぐだけでドライプロセス(乾式)にかんたんにグレードアップ

  • ●排水処理にお困りの方
  • ●品質アップを目指す方
  • ●精製時間を短縮したい方
  • ●洗浄工程の手間を省きたい方
  • 資料請求
  • お問い合わせ
Biomass Japan
Copyright © 2007-2011 Uchida of Biomass Japan Inc. All rights reserved.
バイオマス・ジャパン株式会社
〒171-0014 東京都豊島区池袋2丁目52番8号 大河内ビル9F
TEL: 03-6912-8101 / FAX: 03-6912-8103
ページトップへ