バイオディーゼル(BDF)なら安心と安全のバイオマス・ジャパン株式会社

BiomassJapan

バイオディーゼル燃料(BDF)

ジャトロファバイオ燃料

ジャトロファバイオ燃料事業(私たちのビジョン)

現在深刻な問題である環境問題、エネルギー問題、地球温暖化問題。京都議定書に基づく先進国のCO2削減対策が急務となっている一方、途上国では、地球上の人口の5人に1人が絶対的貧困といわれる1日1ドル以下の生活を、また、約2人に1人が1日2ドル以下の生活をしているなど、貧困問題に喘いでおり国際社会の喫緊の課題となっています。

私たちは地球にやさしい環境ビジネスに取り組むと共に、途上国経済の活性化、雇用の創出・確保にも取り組んでまいります。

ジャトロファバイオ燃料事業

植物由来の次世代バイオ燃料としてジャトロファ(ヤトロファ)が注目されています。搾油量は大豆の約5倍、ナタネの約3倍、重量比30%搾油可能、油脂性質が燃料向きでA重油・軽油の代替燃料に適しています。しかも非食用で痩せた土地でも簡単に栽培できるため、穀物との競合や森林伐採などが起こりにくいという利点もあります。

私たちは、フィリピン・インドネシア・宮古島など各国でジャトロファの植林事業を展開し、バイオディーゼル製造に係る原料生産プランテーションから搾油、精製、販売のバリューチェーンすべてに事業領域を広げた ワンストップビジネスをグローバルに展開します。

ジャトロファバイオ燃料事業パートナー募集

ジャトロファ(ヤトロファ)の植林事業を共に推進していただける企業(パートナー)様を募集しております。

  • (1)CO2削減・低炭素社会への寄与、環境経営、環境コミュニケーションツール、企業のCSRを検討されている企業様
  • (2)ジャトロファ(ヤトロファ)の生産事業(自社プランテーション)を検討している企業様
  • (3)ジャトロファ(ヤトロファ)の植物油脂にご興味のある企業様
  • (4)バイオディーゼル燃料、ボイラー等、重油や軽油の代替燃料の原料として関心のある企業様
  • (5)搾りカスや果肉(炭、ペレット、有機肥料)に関心のある企業様
  • (6)CMDプロジェクトに関心のある企業様

※CDM(クリーン開発メカニズム) 京都議定書で決められている京都メカニズムの一つです。温室効果ガス排出量の数値目標が設定されている先進国が、数値目標が設定されていない途上国において排出削減のプロジェクトを、途上国と協力して実施し、その結果生じた排出削減量をクレジットとして獲得できるものです。(なお、クレジットはプロジェクト参加者間で分け合います。)

  • ジャトロファの苗床
    ジャトロファの苗床
  • ジャトロファ 植林後1.5年
    ジャトロファ 植林後1.5年
  • ジャトロファの果実
    ジャトロファの果実
  • ジャトロファ果実 収穫
    ジャトロファ果実 収穫
  • ジャトロファの種子
    ジャトロファの種子
  • ジャトロファから搾油
    ジャトロファから搾油
  • ジャトロファ原油(クルードオイル)
    ジャトロファ原油(クルードオイル)
  • ジャトロファクルードオイル発送
    ジャトロファクルードオイル発送
フローチャート
ワールドビジネスサテライトで紹介されたジャトロファ
ワールドビジネスサテライト
で紹介されたジャトロファ
Biomass Japan
Copyright © 2007-2011 Uchida of Biomass Japan Inc. All rights reserved.
バイオマス・ジャパン株式会社
〒171-0014 東京都豊島区池袋2丁目52番8号 大河内ビル9F
TEL: 03-6912-8101 / FAX: 03-6912-8103
ページトップへ