バイオディーゼル(BDF)なら安心と安全のバイオマス・ジャパン株式会社

BiomassJapan

バイオディーゼル燃料(BDF)

地球温暖化 サンゴに悪影響 東大チーム

東京大学と海洋研究開発機構、気象庁気象研究所、産業技術総合研究所のチームの発表によると、

大気中の二酸化炭素(CO2)濃度が上昇し海洋の酸性化が進んでいるため、小笠原諸島・父島と奄美群島・喜界島では、サンゴ礁をつくる造礁サンゴの一種ハマサンゴの骨格形成に悪影響が生じ始めている可能性があることが分かった。サンゴが炭酸カルシウムの骨格を作る上で必要な弱アルカリ性の体内環境を維持するのが困難になっているという。

造礁サンゴをめぐっては、海水温の上昇により体内に共生して光合成する藻類「褐虫藻」が抜け、白くなって死滅する白化現象が沖縄などで深刻化している。研究チームはCO2濃度の上昇で、造礁サンゴは温暖化による海水温上昇と海洋酸性化の二重の打撃を受けているとの見方を示した。

地球温暖化恐るべし。

Biomass Japan
Copyright © 2007-2011 Uchida of Biomass Japan Inc. All rights reserved.
バイオマス・ジャパン株式会社
〒171-0014 東京都豊島区池袋2丁目52番8号 大河内ビル9F
TEL: 03-6912-8101 / FAX: 03-6912-8103
ページトップへ