バイオディーゼル(BDF)なら安心と安全のバイオマス・ジャパン株式会社

BiomassJapan

バイオディーゼル燃料(BDF)

再生可能エネルギーの発電容量、16年は過去最高の増加幅

国連環境計画とブルームバーグ・ニューエナジー・ファイナンスは今月初め、再生可能エネルギーに関する報告書を発表し、それによると、2016年の再生可能エネルギーへの世界の投資額は23%減少したものの、発電容量は138.5ギガワット分増加した。発電コストの低下が反映された結果だという。

2016年の再生可能エネルギーの発電容量は前年比で8%増加。同年の再生可能エネルギーへの世界の投資額は2420億ドル(約26兆4000億円)だった。増加した発電容量は主に風力と太陽光によるもので、大規模な水力発電プロジェクトは含まれていない。

さらに報告書によると、化石燃料を利用した発電所への16年の投資額は、同年の再生可能エネルギーへの投資額の半分程度だった。

 

2016年の再生可能エネルギーの発電容量増加分は、世界で最も大きい発電施設16か所の容量を合わせたものに匹敵する。また、昨年増えた全発電容量のうち、再生可能エネルギーの割合は55%と過去最高を記録した。

昨年の風力と太陽光による発電のコストは前年比で共に約10%減少しており、こうしたことが世界的なクリーンエネルギーへのシフトにつながっている。

再生可能エネルギーへの支出が減った背景には、発電コストの低下だけでなく、日本や中国、一部新興国などで投資が低迷したことが挙げられる。

中国の昨年の投資額は前年比32%減の783億ドル(約8兆5000億円)と12年ぶりに前年を下回った。日本も前年と比べて56%も急減している。

出典:AFP

Biomass Japan
Copyright © 2007-2011 Uchida of Biomass Japan Inc. All rights reserved.
バイオマス・ジャパン株式会社
〒171-0014 東京都豊島区池袋2丁目52番8号 大河内ビル9F
TEL: 03-6912-8101 / FAX: 03-6912-8103
ページトップへ