バイオディーゼル(BDF)なら安心と安全のバイオマス・ジャパン株式会社

BiomassJapan

バイオディーゼル燃料(BDF)

海外の動向

海外のマーケット

【 EUの動向 】

  • ●ドイツ・フランス・イタリアを中心に休耕地にナタネを栽培し、BDFを製造し、自動車燃料として利用。
  • ●2010年までに輸送用燃料の5.75%を、さらに2020年までに20%をバイオ燃料とする目標を掲げている。
  • ●ドイツの1,500個所以上(2003年データ全体の1割)のサービスステーションでバイオディーゼル燃料が供給されている。 (軽油総消費量の1%シェア)
  • ●フランスでは、販売されているディーゼル燃料すべてに5%のバイオディーゼルが含まれている。(B5)  BDF5%混合(B5)が認められている。ドイツではB100も市販、B100対応車が販売されている。
  • ●原料作物に対する優遇支援、BDFを対象とする燃料税控除を実施している。
  • ●チャールズ皇太子のジャガーとランドローバーもB100使用
グラフ1

(出所:Biofuel Barometer 欧州委員会2005)

記事画像1

(出所:ワシントンポスト)

【 米国の動向 】

  • ●原料は大豆油を中心に、2005年度より急激に生産量が伸びている。
  • ●一般車両向けにB2、B5供給。公用車にB20、B100も使用。
  • ●2012年までに75億ガロン(約2,800万KL)のバイオ燃料とする目標を掲げている。
  • ●BDFを対象とする税控除を実施している。
  • ●一部の州ではすべてのディーゼル燃料にバイオディーゼルを2%添加するよう義務付ける法案を通過させている。
  • ●2025年までに中東から輸入している75%を代替することを目標とした。

(ブッシュ大統領2006年1月31日一般教書演説)

グラフ画像2

(出所:全米バイオディーゼル会議資料)

世界のマーケット

バイオ燃料の2005年の市場規模は157億ドル、2015年には525億ドルに達する。
(クリーン・エネルギーのトレンド2006)
バイオ燃料市場は2005年に15%成長しており、今後10年間で3倍以上に拡大する。
(クリーン・エッジ社)

Biomass Japan
Copyright © 2007-2011 Uchida of Biomass Japan Inc. All rights reserved.
バイオマス・ジャパン株式会社
〒171-0014 東京都豊島区池袋2丁目52番8号 大河内ビル9F
TEL: 03-6912-8101 / FAX: 03-6912-8103
ページトップへ