バイオディーゼル(BDF)なら安心と安全のバイオマス・ジャパン株式会社

BiomassJapan

バイオディーゼル燃料(BDF)

日本政府の方針

日本政府の方針【マクロ環境】

バイオマスの利活用=政府の方針【国家プロジェクト】

2017年にバイオ燃料を50万KL導入
2005年4月閣議決定京都議定書目標達成計画輸送用燃料8,600万KLの0.6%に相当
バイオマス・ニッポン総合戦略
2006年3月閣議決定国が導入スケジュールを示し、利用に必要な環境を整備、積極的な導入を誘導。特に国産バイオマス燃料の利用促進を図る。
バイオマス活用推進基本法(農林水産省)
2020年までに600市町村においてバイオマス活用推進計画を策定すること、バイオマスを活用する約5,000億円規模の新産業を創出すること、炭素量換算で約2,600万トンのバイオマスを活用すること等を目標としている。
バイオマス産業都市(農林水産省を中心に7つの省庁が連携)
地域のバイオマスを活用した産業の創出とまちづくり(バイオマス産業都市)を推進する国家プロジェクト。
2020年に向けて5000億円規模の新産業の形成を目指す。
バイオディーゼル燃料混合軽油の規格化(B5)
2007年3月31日施行経済産業省資源エネルギー庁5%軽油混合強制規格
運輸部門の化石燃料使用比率を2004年の98%から2030年度までに80%に削減
2007年5月経済産業省資源エネルギー庁「新・国家エネルギー戦略」
食品リサイクル法
2006年度すべての食品関連事業者がリサイクル実施率20%以上に向上を目標「食品循環資源の再生利用等の促進に関する法律」
エネルギー供給高度化法
電気やガス、石油事業者といったエネルギー供給事業者に対して、太陽光、風力等の再生可能エネルギー等の非化石エネルギー源の利用や化石エネルギー原料の有効な利用を促進するために必要な措置を講じるための法律。
cool earth-エネルギー技術革新技術計画
世界全体の温室効果ガス排出量を現状に比べて2050年までに半減を目標とし、我が国が重点的に取り組むべき革新技術として「21」技術を選定、うち輸送部門に「バイオマスからの輸送用代替燃料製造」(経済産業省)
Biomass Japan
Copyright © 2007-2011 Uchida of Biomass Japan Inc. All rights reserved.
バイオマス・ジャパン株式会社
〒171-0014 東京都豊島区池袋2丁目52番8号 大河内ビル9F
TEL: 03-6912-8101 / FAX: 03-6912-8103
ページトップへ