バイオディーゼル(BDF)なら安心と安全のバイオマス・ジャパン株式会社

BiomassJapan

バイオディーゼル燃料(BDF)

BDF品質測定キット

バイオディーゼル燃料(BDF) 品質測定キット

改正揮発油品確法が施行

本キットは廃食用油(天ぷら油)や菜種油、大豆油などの植物油を原料として精製されるバイオディーゼル燃料(脂肪酸メチルエステル)が原料油脂からどれ位バイオディーゼル燃料(脂肪酸メチルエステル)に変換できているかを測定、いわゆる脂肪酸メチルエステル量を簡易的に測定するものです。

平成20年5月に一部改正された「揮発油等の品質の確保等に関する法律」(以下、「改正揮発油品確法」という。)においては、バイオ燃料が混和されたガソリンや軽油の適正な品質を確保するため、これまでの生産業者、販売業者に加えて、ガソリン・軽油にエタノール等を混和する加工業者に対して事前登録や混合ガソリン・軽油の品質確認を義務付けることとなりました。(平成21年2月25日施行)

これにより、いわゆる自家消費を行うバイオディーゼル燃料使用者に対しても改正揮発油品確法に定めるバイオ燃料の強制規格が適用されることとなり、公道での走行試験を行う場合に強制規格外の燃料を供給することはできないこととなります。

JIS規格K2390においてバイオディーゼル燃料の品質として、脂肪酸メチルエステル含有は96.5%以上と定められています。メチルエステル化率の低い燃料ではノズルの詰まりや燃焼不良をおこす可能性があり、今後のバイオディーゼル燃料製造者はこの規格に合ったバイオディーゼル燃料の製造が不可避で、燃料品質を高めることが重要な課題となっています。

本キットを利用して製造ロットごとに測定し品質管理することをお薦め致します。

バイオディーゼル燃料(BDF)品質測定キット 利用方法

使い方はいたって簡単です!

1. 注射器にバイオディーゼル燃料(BDF)を3ml採取
2. BDFを試薬入りの小瓶に入れて、数秒振ります。

※テストするにあたり試薬液が20~30度程度でないと正しい結果がでませんのでご注意ください。

※外気温が低いときは、試薬液が20度以下になっていることがあります。この場合、容器ごと手で握り体温で温め、付属の温度計で計温し確認してください。外気温が高い時は、試薬液が30度以上になっていることがあります。この場合、容器の上から冷水で冷やし、付属の温度計で計温し適温を確認してください。
3. その後10分間置きます。

結果

4. 沈殿物が見られなければ反応率の高い(96.5%以上)BDFが精製されています。
5. 沈殿物が写真程度ならエステル化率は95%前後+-2%位と判断出来ます。
6. 沈殿物が写真程度ならエステル化率は90%前後+-2%位と判断出来ます。

※本キットに含まれる、250ml分液ロートを使用してより正確に検査を行うことも出来ますのでチャレンジしてみて下さい。

理論

本キットではバイオディーゼルを試薬液に投入しますと、未変換物質(不純物)のトリグリセリド、モノグリセリド、ジグリセリドがあると沈澱物として確認できます。したがって、きちんとメチルエステル化されているバイオディーゼル燃料であれば試薬液に溶け込み沈殿物がみえません。

検証

沈殿物が見られなかった 4. のBDFをガスクロマトグラフ法(EN14105準拠)にて分析すると以下の結果となりました。

  • メチルエステル 98.9%
  • モノグリセリド 1.1%

沈殿物が多く見られた 6. のBDFをガスクロマトグラフ法(EN14105準拠)にて分析すると以下の結果となりました。BDFとしては反応率が低く、使用に堪えられないものであることがわかります。

  • メチルエステル 93.3%
  • モノグリセリド 1.6%
  • ジグリセリド 0.8%
  • トリグリセリド 4.3%

このような品質結果が続く場合には、精製工程上に問題があると考えられますのでお気軽に一度ご相談下さい。

バイオディーゼル燃料(BDF)品質測定キット 利用者の声

神奈川県大和市
社会就労センター ふきのとう舎 様

弊社では、3年前より(バイオマスさんとは違うメーカーの精製装置ですが・・・)バイオディーゼル燃料の製造を手掛けています。試行錯誤の連続で、色々と製造してきましたが、実際にどのレベルの品質のBDFが出来ていたのか疑問でした。ディーゼルエンジンは強いので少々粗悪なBDFを入れても直ぐに不具合が起こりません。しかしながら、粗悪なBDFを使い続けていると大変なことになります。事実、以前に車のエンジンが壊れてしまった事もありました。 今では紹介頂いたメチルエステル化率測定キットを利用し、測定しているので安心して車に使用しています。しかもとても簡単にチェックが出来るので、重宝しております。 またバイオマスさんと知り合って、AVチェッカーを使っての適切な前処理などをご提案頂き、安定して製造できるようになりました。ありがとうございました。

バイオディーゼル燃料(BDF)品質測定キット

ご希望の方は、お問合せから必要事項をご記入の上「バイオディーゼル燃料 品質測定キット何回分希望」とご記入頂き送信してください。代金引換にて発送させて頂きます。

  • 資料請求
  • お問い合わせ
Biomass Japan
Copyright © 2007-2011 Uchida of Biomass Japan Inc. All rights reserved.
バイオマス・ジャパン株式会社
〒171-0014 東京都豊島区池袋2丁目52番8号 大河内ビル9F
TEL: 03-6912-8101 / FAX: 03-6912-8103
ページトップへ