バイオディーゼル(BDF)なら安心と安全のバイオマス・ジャパン株式会社

BiomassJapan

バイオディーゼル燃料(BDF)

BDF新触媒のメリット

バイオディーゼル燃料(BDF) 新触媒

  既在アルカリ触媒   BioMAX
処理時間 約8時間
※外気温により差があります
矢印 約4時間
※外気温により差があります
排   水 白濁した汚水が出る 矢印 水を使わないので排水ゼロ
※水を使った場合でも排水が透明
触   媒 危険
劇物指定品
矢印 安全
劇物指定品ではない
品   質
メチルエステル化率
矢印
メチルエステル化率
Time
処理時間を短縮
一般的なアルカリ触媒法(約6時間~8時間)に比べ、BioMAXを使えば(約4~5時間)と大幅に時間短縮時間の有効活用が可能になります。
洗浄処理が一切不要
一般的な強アルカリ触媒法では、洗浄工程でBOD80,000~130,000mg/L(魚が棲めるのは5mg/L)という大量の汚水が出るのに比べ、BioMAXを使えば水を使わないので排水量がゼロです。また水を使った処理方法でも排水は透明です。
SAFETY
安心・安全な新触媒
一般的なアルカリ触媒法では、薬・劇物指定品の苛性ソーダ、苛性カリ等の強アルカリ触媒を使うのに比べ、BioMAXは劇物指定品外で安全です。さらに、危険な作業であるメタノールにアルカリ触媒を溶かす工程もBioMAXでは不要です。
QWUALITY
品質の高い精製技術
BioMAXを使った場合、メチルエステル化率が高いバイオディーゼル燃料が製造可能になります。
Biomass Japan
Copyright © 2007-2011 Uchida of Biomass Japan Inc. All rights reserved.
バイオマス・ジャパン株式会社
〒171-0014 東京都豊島区池袋2丁目52番8号 大河内ビル9F
TEL: 03-6912-8101 / FAX: 03-6912-8103
ページトップへ